かめさんのさんぽ
06年から集め始めた多肉植物の観察日記です。庭にある他の植物も紹介するかも?です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒さでやられるか、あるいは蒸れでやられるか
先日からの寒さも少し落ち着いて、
昨日などは外にずっといてもお日さまぽかぽかでいい気持ちでした。
そんな日は温室内は、ビニールを開けていても気温が20度近くも上がるので、
全部棚から下ろして思いっきり日光浴です。
一台分あいている車庫(出勤中)が指定席です。
夕方、洗濯物を取り込むタイミングで温室に入れる、というサイクルになっていますよ。

ビニ温室
画像は数日前のものですが、温室組の様子。
隣に茶色の棚がチラッと見えてますが、そこに屋外組とその他の植物を置いています。
南側の軒下ですが、裏が山であることと南隣の家との関係上、朝日は当たらず
今の季節だと日が当たるのは11時を過ぎる頃だと思います。
その後ほぼ夕方取り込むときまで日が当たるので、温室内だと4~5時間の日照でしょうか。
朝から天気がよいときはすぐに指定席へ置きに行くので、その分少し長い日照時間を稼いでいますよ。

朝日がすぐに当たるのであれば移動させることはないのだけど、
温室はすぐにオープンしないと、・・・煮えそうですね。
うちの場合は前述のとおり日が当たり始めるのが遅いので、
温室内の気温上昇もそんなに急にはならないのだと思います。
朝のんびりぐうたらに過ごしてから「さて開けに行きましょうかね」とビニールを開けに行っても
特に問題ないしね。
ただ湿度は問題かも。早く湿度計買いたいですね。
それと最高最低温度計も。

温室内の棚ごとの気温差はわかりませんが、おおよそ上段ほど高いのでしょう。
うちでは上段に最強エケ軍団を置き、
下段に寒さに比較的強い(?)アエオと日が最も当たらないところでも大丈夫なハオを、
中段にその他を入れています。
※ハオについては、下段に入れていても日が直に差すようで赤葉状態のままなので室内へ入れました。
(遮光したらいいのですが、・・・面倒なので・・・)
ハオを移動して空いた棚には屋外組だったセダムを入れました。

寒さにやられた場合は、どのような症状になるんでしょうか?
凍るって症状を先日初めて見ましたが(雪が降った日に放置してたもので・・・)これですか?
凍らしたものが溶けてふにゃっとなったような感じですね。
花月写真は花月です

湿度が高い・・・のかどうかわからないけど、温室内で失敗したものの中で、
「枯れた」ような姿ではなくて、
葉が半透明になって触ると落ちるような状態になって、いずれは黒くなり枯れるもの
胡蝶の舞写真は胡蝶の舞。青い部分がある1株だけを植え替え

これは何が原因なのでしょうか?寒さではないだろうから、やはり湿度が高い?蒸れ??
梅雨の間に起きた症状と似ていると思います。
昨年は温室組は完全断水にしました。
その中には「枯れた」ものもいて、これはある程度の温度があるのに水分がなくて枯れたと思い
今年は晴天の日に水遣りをしていました。
鉢の表面が湿った状態で温室に入れるので、やはり湿度は高くなったと思われます。

もちろん個々の品種によって差があるとは思いますが、☆になる子を一つでも減らすために
試行錯誤の対策は続きますね。
気づけばだらだらと長くなってしまいました、読んでくださった方、ありがとうございます・・・
ペコリm(_ _)m

スポンサーサイト
雪が降ったので更新
ども。
この冬はあまり寒くないと思っていたら、予想を裏切る寒さがやってきましたよ。
週末は朝起きると雪が積もっていました。
土曜日は1センチくらい、日曜日は3センチくらい。
うちの辺りでは3センチも積もるなんてことは滅多とありませんし、
そのうえさらに雪が降ったり、作っておいた雪だるまが
次の日にもいらっしゃるなんてことはないといっていいくらいなんですが.・・・

子供たちははしゃぎすぎで、雪が解けて凍ったアスファルトで
何度もこけていました。

ということで、今日は記録です。珍しい雪の写真を。
センペルA、B
センペル畑
軒下に置いていたセンペルにも雪が。
日が差したので表に出して雪を溶かしました。
さすがびくともしないですね、センペル。すごい~


--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

で、温室内は特に問題なし。
雪が降る前に、棚の最下段にシートを置いておきました。
(夏に車のフロントガラスに置く日よけのシートです。)
効果ははっきりとはつかめませんが、ないよりは保温が高まるでしょう。

センペル以外の屋外組は内玄関に入れていたので、こちらも問題なし。
ひとつ忘れていたのが花月。
ほかの植物にまぎれて外玄関で過ごして、新芽が凍っていました。
あと、小さい子ばかり挿していた寄せ植え鉢ひとつ、軒下で過ごしたものの無傷。

多肉以外の鉢植えについて、今年初めての越冬、特に見た目変化なしです。
冬に枯れて根で過ごすものは、変化がわからないのでどうなんだろう?
春に芽が出なかったらアウトってこと??



ぷくぷく セダム編
こんにちは。
まさか、またしても雪の予報。
2週間前から屋外組を玄関に夜だけ避難させていますが、なかなか外に出せません。
今日はホント寒い!
ビニ温室の記事を作るために写真を撮り、部屋に入って画像を取り込むときに
かじかんだ手が、誤って画像を消去してしまい・・・。
とりあえずおあずけになってしまいました。
後日UPする予定です。

今日はぷくぷくシリーズ、続編。
名なしセダム
大玉つづり
上の画像は、名なしセダム。以前から気に入ってるのですが、ぷくぷくでますますいい感じ。
比較用に下の画像は、先日もUPしたちまきさんちからきた大玉つづり。
大きさは違えど、似てるんですよ。
玉つづりのように上に伸びるタイプのようで、でも葉は少し細長くファンクイーンのようなイメージもあります。
葉先がほんのり色づいてるのがまたいいでしょ?
名なしでも気に入ってるからいいんだ♪

--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

ロッティ
ロッティは購入当初からぷくぷくのまま成長してます。
もっとわさわさしてほしいので、春には葉挿し予定です。もりもり目標です!

--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

大型青鎖竜
属違いですが、ついでに大型青鎖竜もUP。
これも温室に入れてから大きくなってるんですよ。
居心地がよかったみたいで、うれしいです。
若緑もあるのですが、下葉のほうが枯れこんでいていい状態とはいえません。
鎖系は苦手意識があるんですよね。(・・・て苦手なのばっかり。ハオもメセンも。


追伸。虹の玉様、オーロラ様
ぷくぷく代表として載せる予定のはずが、画像を消してしまい急遽代役を立ててしまいましたこと、
誠に申し訳ございません。
レッドカーペットのような赤さ加減を惜しげもなく見せていただいたのに・・・
もうなんと申し上げてよいやら。
ぷくぷく エケベリア編
昨日今日は久しぶりに日が差しています。
このところの日照不足でずいぶん紅葉が褪めていますが、
今日は温室に入れると葉がプクプクになるエケベリアの紹介です。
 
シャイアン
ちまきさんちからやってきた子、シャイアンですが、去年もぷくぷくでした。
で、夏に少しちっちゃくなって今またぷくぷく。
この子は冬に見るのがいいねえ。あまり触らないので白い粉ふきもそのままでとてもきれいだよ。
夏の湿度がいけないのかねえ、この夏はがんばるからね。

--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

リラシナ
これはかなぎっちょさんちからきた、リラシナ。
やっと形になってきましたよ。
育てやすいとのことだったので、安易に構えています、=放置
エケは水辛目、そしてお日さま!!

--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

古紫B
これは名なしで買ったのですが、先にちまきさんにいただいた古紫に似ているので「古紫B」としました。
葉の出方が少し乱暴・・・というか揃っていない感じですね。
ぷくぷく・・・ではないけど、なんか載せちゃいました。

--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

紅輝炎?
これは紅輝炎なのでしょうか??
名なしで群生してるのを買ったもの。
春挿したものが今はこんなに子ふきしています。
下葉は元からあった葉で少し薄っぺらですが、新葉はぷくぷく。

--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

女雛
最後はうちの極上鉢、女雛。。
ぷくぷくもりもり。
あえて子をはずさずにそのまま植え替えています。(ひとつとれたけど)
来春も切らずにそのまま植え替え予定です。

以上、温室内最上段の特等席にいるエケベリア軍の紹介でした。

もりもりしてきました
今朝は予想を裏切って雪が積もっていました。カーテンを開けてびっくり!
屋外組の多肉たちはまだ玄関に避難中だったので、特に慌てずにすみました。
積もってるとはいえ、日が差す頃には溶けるでしょう、うっすらですからね。

今日のもりもり紹介。
姫秋麗全体
姫秋麗
姫秋麗、いつのまにかこのとおり。もりもり。。
下の画像は昨年7月のものです。

姫秋麗
増えすぎちゃって困る勢いになってきました。
来春の植え替えのときはそっとそっと作業が必須でしょう。


花月
続いては、花月。
はっきりいって、軒下放置でしたが、いつのまにかきれいに大きくなっていました。
冬の間は西向き玄関の外側に飾っていますよ。

おまけです。
もりもりとは違うけど、調子がよいので見ていただきたい、それだけの理由でUPです。
センペルA
センペルB
うちはセンペル畑を作って皆同居中ですが、
この二人だけは一軒家をもたせてもらっている贅沢な方々。
でも表札はありません、名なしなんです。カワイソウ・・・
なんのひねりもない、センペルA、Bと呼ばれている方々。
この辺りではあまり売られていないセンペルですが、
この二人だけは地元で購入したもの。
でもきれいなんです!特にAなんか全体に産毛があってふわふわしたイメージなんです!
Bの葉の間の赤い筋が気に入っているんです!!
寒いのに外に見に行くのが楽しみなんです。
おまけのほうが紹介が長くなりまして、すみません・・・


温室組の様子
天気予報では、この先数日間珍しく雪が降る予報が出ていまして
心配な屋外組をついに玄関に入れました。
それでもセンペルはそのまま屋外です。
今日もちらほら雪が降っていましたが、どうなることやら・・・

さて、ビニール温室内には屋外に置くには耐えられないと判断したものを入る限りいれております。
エケベリアやカランコエなどを中心に、うちで管理してるほとんどのものは温室内にあります。
この温室が、とくにエケベリアにはとても居心地が良いらしく、
ムチムチプックリの葉を作ってくれるいい環境のようです。
前回の結果を踏まえて、エケベリアは温室内一等地に配置。
ただ、晴天の昼間はかなりの高温になるのに、温室を開けるのが遅くなったり忘れたりすることがあるので、これが原因と思われる被害も少々あります・・・
この冬はハオルチアも温室内です。
昨冬は屋内で越冬したのですが、今回は実験です。
今のところはなんとかなってます。

ではムチムチプックリなエケベリア紹介。
ニクサーナ
ニクサーナ、梅雨の間に徒長したのを首チョンパしておいたもの。
温室の中にいるときが一番いい状態かも。
去年もこの子がとてもきれいだったので、温室=エケの図式が頭にインプットされてました。

高砂の翁
高砂の翁、これも購入してから今までで今が一番いい状態です。
葉のフリルがほとんどなかったのに、フリフリかわいらしくなってます。
温室内がどうしていい状態を保てるのか、屋外ではどうなのかな・・・?
少し怖くて試さなかったですが。

屋内には多肉はほぼ置いていません。(今は玄関にあるか。)
ちょっと凍ったり異常が出たりしたものが2鉢ほどあります。
あ!十二の巻は室内にありました。忘れてました・・・
屋内には、ポインセチアとカランコエ(花)と観葉植物(名知らず)はありますが、
あまり置き場がないのです。
室内には日があまり入らないし、温室に余裕があるので、これでよしとしてます。
 
雪、積もるのかな?
こちらでは積もってもうっすらでしょうが・・・
真っ白になることはめったにありません。どうかな??




屋外組の様子
長いことお休みしている間に新年を迎えてしまいました。
できるだけヒマを見つけて更新していこうと思います。
のんびり屋ですが、今年もかめさんのさんぽをよろしくお願いいたします。

さて、この冬は屋外軒下に置いているものと、ビニール温室に入れているものとに分けています。
昨冬はハオルチア・ガステリアは屋内、それ以外はビニール温室に入れましたが、
入りきらないことと、屋外でもある程度越冬できるのではないかの実験をしたかったことの理由で
セダム・グラプト・センペル・パキフィツムなどの冬の寒さに強そうなものを図鑑で調べてから屋外組としました。
中国地方ですから、比較的暖かい地域といえるところですが、毎朝霜は降りています。
でも多肉を置いている棚は、南側軒下、霜が降りていません。
朝日は当たらず、10~11時頃から日が当たり始め約5時間の日照です。
今のところ氷点下まで気温が下がる日はありませんし、特に問題なく越冬できる予感です。
ひとつだけ、物干しにぶら下げていたペペロミアだけは新芽が凍ってしまいました。
来月がヤマですね。。
水やりについては、今までは意外に暖かい日が多かったので、月に2回のペースでやっています。

そんな屋外組からこちらを紹介。
ウインクレリ
ウインクレリ(3センチ鉢)です。
セダムですが、まるでセンペルのようにランナーのようなものを出して増えるようですね。
根も出てきてます。なかなかかわいらしい姿で気に入っています。

スノージェイド
スノージェイド、梅雨の間に油断して徒長しましたが、今はきれいな色もつきました。
この冬は、全体的に紅葉がイマイチです。

大玉つづり
大玉つづり。ずいぶん成長して頭が重たくなったのか、やっと頭を傾け始めています。
ただし、画像はお辞儀をしている背中方向から斜め下向きに撮ったので、
全く傾きがわからない構図です。撮り方に問題アリですね・・・トホホ

温室組については、次回の更新にて。





FC2カウンター



旬の花時計



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言



ブログ内検索



プロフィール

kame

Author:kame
まだまだ多肉初心者ですが、よろしくおつきあいください!
山口県在住、2児のママです。ヒマを見つけてコツコツ更新していきます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



kameのお気に入りブログ

このブログをリンクに追加する



ユーザータグ

カランコエ セネシオ リプサリス アナカンプセロス パキフィツム クラッスラ ベルゲランサス アエオニウム グラプトペタルム デロスペルマ アプテニア その他の植物(庭) トリコディアデマ セダム ハオルチア センペルビブム ガステリア ハティオラ ジョビバルバ 庭の花 コチレドン ヒロテレフィウム エケベリア セデベリア 



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。